術後の症状

  • 脂肪吸引にはさまざまな手法がありますが、あくまでも手術ですので、痛みや出血、術後に起こるダウンタイムと呼ばれる腫れの症状については、無視できません。
  •  
  • たくさんある脂肪吸引の手法の中でも、ボディタイトと呼ばれる手法なら、比較的、ダウンタイムを小さくし、術後の腫れの症状が抑えられるとされています。
  •  
  • ・ボディタイトの手法って?

  • ボディタイトの手法では、高周波の熱を当てることで脂肪を溶かして吸引する手法となっています。
  • 高周波の熱というものは、電気メスやがん細胞を治療する際にも活用されるラジオ波と呼ばれるものを利用します。
  •  
  • この熱で細胞を徐々に溶かし、液体となった細胞をカニューレという管で吸引することになります。
  •  
  • 一般的なカニューレを挿入しての脂肪吸引とは異なり、最初に細胞を液状にしていますので、脂肪の取り残しが少ないというメリットがあるのが、ボディタイトの手法の特徴です。
  •  
  • ただし、ボディタイト法を取り入れている美容整形クリニックの数は少なく、しっかりと情報収集をした上で、クリニックを選定しないと、ボディタイト法による手術を受けたいと希望しても、受けることができません。
  •  
  • 美容整形クリニックが実施している無料のカウンセリングでは、そういった脂肪吸引の手法についても、医師やスタッフに詳しく確認することができますので、納得の行くまでじっくりと相談するようにしましょう。